日本の医師の働き方の歴史

医師としての働き方の方針を考える前に、日本においては医師が以前はどんな働き方をしていたのかを知っておくのもいいかもしれません。

新臨床研修制度が始まるまで医師というのは、ほぼ全てがどこかの医局に属していました。そのため、大学病院の各科の教授と医局が、医師の人事を握っていたと言ってもいい状態でした。

医局と聞くと、テレビドラマで見るような院長回診の様なイメージが世間一般では強いのではないでしょうか。

かつての医局は、教授という一有力者に准教授以下の全ての医師が従うという、会社でいうならワンマン経営に近い構図のものが通常でした。大学病院という「本部」があり、世の中の市中病院のほぼ全ての診療科は、それぞれどこかの大学病院の各診療科から医師が派遣された大学医局の「支部」のような状態で、この支部を「関連病院」などと呼んでいます。

人事権はあくまで大学にあり、派遣先の病院長といえども大学医局には逆らえないことが多く、逆らえば医師を大学医局に引き上げられて、運営ができなくなるような力関係が存在していたのが実情だったという話もよく耳にします。

 

こういった状況は、医師の転職にも多大な影響を与えていました。

昔は世の中ほぼ全ての病院が大学医局に人事を依存する関係にあり、人事権が医局にあるのですから、大学医局から斡旋されない限り、個々の医師は病院への就職自体がなかなか難しかったのです。

医局を介さずに就職先を探すとなると、医局と無関係に存在する個人経営の小さな医院民医連やグループ経営をしている病院などの限られた選択肢しか残らない状態でした

かつての医局制度下では、ある程度の規模の大きな大きな病院は全て医局の支配下にあり、良い経験を積める病院で働くには、医局に入らざるを得なかった窮屈な過去があったのです。

 

現在でも、こういった状況が色濃く残る医局が無いわけではありません。

ですが段々と変化を遂げている医局があったり、医局に頼らずに仕事をする医師が増えたりしているのも事実なのです。

 

 

 

医師 バイト

医師のワークバランス

忙しさのあまり、家族と一緒に食事をとるということが夢のまた夢であったり、家族だけでなくプライベートな友人らと連絡を思うようにとれなかったりといった状態になっている医師は珍しくありません。

ですが「このように、医師の仕事は忙しいのが当たり前」と考えている方のほうが多数派であるように思います。 その理由としては、大学を卒業してから医師以外の仕事を経験することなく長く勤めており、医師以外の職業を経験したことがない 医師が大半であることなどがあげられます。

 

ですが当然、医師とて人間です。

帰宅時間も午前を上回ることが多くなったり、早く終わっても10時は過ぎていたり、オンコールで駆けつけることもあったりという環境では、体も持たないという感じです。

また本人よりも先に家族や友人が体調などの異変に気付き、指摘されて初めて医師本人が自覚する場合もあります。

忙しい勤務で体調を崩してしまったりもしくは崩しそうになったり、「もっと家庭やプライベートの時間を大切にしたい」と考えたりする方もいます。これはワークバランスがその方に合っていないと見てよいでしょう。そしてそういった方の多くが転職を視野にいれることとなるのです。

 

転職を視野に入れた場合、まずは自分が置かれている現状の環境を調べることから始めるとよいと言われています。 まずは現状の環境を理解することが、その人にあった医療施設を見つける最初のステップとなりうるからです。

体を壊しそうだと感じている医師の場合、勤務している医療施設の勤務時間は一般的な長さだったとしたら、何か他に原因があると考えてもよいかもしれません。

例えば既定の勤務時間が一般的でも、その患者数が多すぎれば、勤務はハードになる傾向にあります。

勤務している医師で回していっていても、追いつかないほどの患者数である場合、何らかのしわ寄せがどこかに来ている場合もあります。

 

 

 

 

医師 バイト

なぜ医師になる選択をしたのか?

医療業界に限らず、何かを始めるとき、例えば会社員なら入社した時に志していた目標や自身の将来のビジョンというのは日々の生活を過ごして行く中で薄れていってしまうものではないでしょうか?

将来のビジョンを描いたりキャリアパスプランを立てたりしておくことは、今後の医師としての人生を可能性の多いものにできるか、はたまたただただがむしゃらに頑張っているうちに始めた時には無限にも感じた自身の可能性がそれほど望んでいなかった小さなもののひとつになってしまうかなどの結果に大きく影響するはずです。

転職を考えたのであればまず、「あなたは何のために医師という職を生涯の糧にする選択したのか」ということをこの機会に考えてみていただけたらと思います。

 

医師として働いていくにあたり、ただ単に「頑張る」だけでは人生において大きな結果は得られないことが多いでしょう。

果たしてどうやったら医師として大きく輝かし人生を歩むことができるのでしょうか?

 

医師としてすべき努力は学生時代までの努力とは意味もやり方も異なってくることかと思います。これからの努力は人生の中で、直接仕事内容を発展させる最も大切なものとなるでしょう。

どうせ努力するなら、努力を最大限に効率化したいと考えるのが一般的です。

そのために重要となっていくのが自身の人生の目標に即したキャリアパスの構築ではないでしょうか。キャリアパスプランの構築は就職する時にも自身がどうなりたいのかが視覚化されているため、一般的な就活生が陥る様などんな働き方をしたいかわからないというような迷いは軽減されるはずです。

 

 

 

 

医師 バイト

転職の成功とは

医師にとって転職が成功するというのは、どういう状況でしょうか。

転職した直後は職場に慣れるだけでも大変な場合もあるため案外分かりにくいものですが、一年、二年経って、自分のワークバランス、ライフバランスがうまく回っていると感じるようであれば、成功した事例と言ってよいでしょう。

さらに自分だけでなく転職先の職場(病院など)からも来たことを感謝してもらえるようであれば、職場側にとっても成功と呼べますね。

 

そもそも転職する場合、何かしら現状への不満があったり、現状では対応できない何かがあったりするはずです。

診療スタイルが合わないとか、器具などの配置が気に入らないなど、とても微妙なこともあるかと思います。
手術のチームや手術後の患者へのフォローなども医療機関ごとに違うそうですし、そこで違和感を覚える医師もいるそうです。

そのため転職を行う際には、面談をしたり、現地を見学したりして、転職先となる相手側と話し合うということも重要だそうです。
コンサルタントとの話し合いや求人先とのコミュニケーションなども大切ですが、一番、重要なのは、転職をする際、自分は何を求めているかを深く考えることだそうです。
そしてその思いを叶えるために、今勤めているところより小規模になってもいいのか、家から遠くなってもいいのか、開業医がいいのかなど突き詰めて考えるようにしてほしいそうです。

 

また希望通りの医療施設に転職できたとしても、それで終わりではない場合もあります。「収入が少ない」とか「忙し過ぎる」とか人間関係だとかといった不満をクリアしているように見える医療機関に就任したとしても、実際は自分が求めていたものと違っていたという場合もあります。また、転職前には気が付かなかったことや、事前に説明されていなかったこともあるかと思います。

転職で全ての不満を解決できるケースばかりとは限らず、大なり小なり何かしらの不満は残るものだと割り切るぐらいの気持ちのほうがよいのかもしれません。

なお、転職先に不満があったからといって、すぐに退職しようとしたり再度転職活動を初めたりするのはあまりいい方法ではないそうです。短いスパンに転職を何度もしてしまうと、信用度の問題等で受け入れてくれる側が減ってしまう可能性もあります。またケースにもよりますが、一見不満を抱える要素に思える部分が、長く働くことで案外そこまで問題視するほどでもなくなることもあります。